(ここから、本文です。)

 IT技術の飛躍的発達と高速通信網の整備により、職場環境や業務形態にも大きな変化をもたらしました。その結果会社だけでなく、自宅やその他の場所でも業務を行うことができるようになり、通勤困難な障害者の方にも在宅での就業が可能になりました。本「チャレンジホームオフィス」はこれらの方々の就業の機会を促進するために、企業および就業希望の障害者の方に支援情報を提供します。

(注)本「チャレンジホームオフィス」では「在宅就業」を、雇用・非雇用(請負)を含めた就業形態を表す語句として使用しています。

お問い合わせはこちらから

ご意見・ご要望、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える